税理士の年間契約の場合

このコラムをシェアする

業績の詳細なデータが分かるから

個人事業主の人の多くは常に忙しく分刻みの仕事や打ち合わせをして毎日の業務をこなして利益をあげる為に努力していると思います。
全ての業務を自分が責任を持って行いたいと言う気持ちは分かりますが、経理業務に関する知識やノウハウがないと税金の計算なんて難しいですし、不可能な事が多く出てくると思います。
その為、経理担当はを新たに採用して全ての計算を任せる個人事業主も中にはいると思うのですが、そこはやはり税理士に任せておくのが良いです。

何故かと言うのも、コストの節約になるだけではなく定期的に、利益に関する計算の細かいデータを提出してくれるので現状把握がしやすいからです。
業績アップや路線変更をするにあたっての判断材料にもなるのです。

税金に関する相談がしやすいから

税理士と言う強い味方がそばにいるだけで経理に関する事は全て一任する事が出来ますし、何かあった時にすぐに相談出来ます。
個人事業主の多くは、古くから馴染みの税理士にお願いしている場合が多いです。
親の代から事業を受け継いでいる個人事業主も多い為、何かの相談役として前の記事でも紹介したように、顧問として会社に在籍して貰っているケースも多いのです。

税金に関する全ての事に精通していないと税金の計算を個人で行うと言う事は難しい部分があると思います。
税金対策についても税理士の方が何倍も詳しいわけですので、近くに相談役として置いていたり個人的に契約を結んでいる事がほとんどです。
他にも会社の経営に関する相談役として契約しているケースもあります。