個人の確定申告を依頼する

個人事業主は毎年の年度末には確定申告をしないといけません。
個人の確定申告であればほとんどの人が自分で申告書を提出するのが多いそうです。
しかし、法人の個人事業主になると税金の計算と言うのは、一人で行うのが大変難しいのです。
特に、税金の計算と言うのはとても細かくなっていて、きちんとした専門家じゃないと出来ない計算も多いです。

正確な税金の計算をしないと、所得隠しだと思われてしまい、大変な事態になってしまう可能性も無きにしも非ずです。
会社で働く従業員を守る為にも、正確な税金の計算と言うのは、税理士にお願いした方が安全ではないでしょうか?
多くの税理士は事務所に所属している事が多く、沢山の企業や個人事業主から依頼を受けている場合があります。

なので、すぐに自分の所の計算を優先して貰えるわけではない時もあります。
有名な税理士事務所であれば尚更時間はかかると思います。
法人関係の場合は、会社の事だけではなく、従業員の年末調整も一緒に依頼する事もあります。
そうなると、オプション料金プランとして扱われる事になるので、料金は約10万円以上になるそうです。

平均的な相場と言うのがだいたいですが、3万円から10万円の間だと言われています。
年間を通して考えた場合は、更に20万円以上かかると見て良いと思います。
税理士事務所にもよるので、正確な相場とは言えませんが、依頼する場合はこのくらいかかると思って下さい。
ですが、自分に合った税理士にお願いするのが一番だと思います。

税理士に依頼する場合の料金の相場について

全国には様々な税理士事務所が存在しています。 その事務所によっても受ける金額には差がありますが、多くは依頼主の経営している事業の年商によって変化するそうです。 年商が高ければ高いほど、高い金額が設定されている事が多いみたいです。 その為、一度依頼するだけで数万円がかかる計算になると思います。

税理士の年間契約の場合

税金の計算をずっとお願いする場合には、税理士個人か事務所と年間契約を結ぶ必要があります。 そうなると1回お願いする金額がグンと下がるそうです。 その都度の料金を支払うケースや年間にまとめて支払うケースとあるようです。 毎月の引き落としにした場合は、月に1万5千円から3万円程度の金額になります。

税金に対する全ての計算を依頼する場合

個人事業主が全ての税金にかかる計算を税理士に一任する場合の金額についてですが、そうなると15万円から30万円くらいが一度にかかるそうです。 今はパソコンで管理しやすくなってその分計算もしやすくなりましたが、授業員の数が多いほど一度にかかる金額に違いがあります。 その場合は、多くが年間契約になります。